時計にも安いものから何千万もするようなものまであるように、時計を製造する会社もたくさんあります。でも、修理やメンテナンスを考えるとやはり信頼できるメーカーの製品が安心です

メイン使いとは別にもう1本!今選びたい時計は?

メーカーならではの安心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
掛けるタイプ、置くタイプ、腕につけるタイプ、アクセサリーみたいなタイプ、時計には様々なタイプがあるように、製造する会社もたくさんあります。
値段も1,000円以下で買える安いものから、ブランドもので宝石入りの何千万円もするような時計があります。
最近は子供向けのガシャポンでキャラクターの腕時計が出てくるものがあるくらいです。
どんな時計でも時間がわかれば問題ないのですが、やはり時間が狂ったり、壊れやすかったり、修理できるかできないか、などで考えたら信頼できるメーカーが製造・販売しているものが安心ということになります。
時計を専門に扱うメーカーでなくとも、カルティエやブルガリといった宝飾メーカーの時計は時計ブランドとして人気や製品の信頼度も高いですし、アフターケアへのサポートがしっかりしているものは安心できます。
そこでファッションとしてのブランド価値や人気はあっても、時計としてはあまり認められていないものはどうでしょうか。
よく聞かれるのが、そのブランドのファッションが好きだから時計もそこのものを選んだら、周りからそんな時計はおもちゃだと言われたというものです。
これは、ファッションブランドの時計の中にはデザインを重視するあまり、性能や機能は二の次、中身はワゴンセールの時計と変わらないというものが存在するからです。
でも、全てのファッション時計がそうではなく、ファッションブランドの時計でも、有名な時計メーカーが受注を受けて生産しているものもあり、どこが製造したかを確認する必要があります。
例えば、agnes.bやANNA SUI、CAVANE de zucca、MICHEL KLEINなどは、それぞれのショップで販売されていますが、ライセンスブランドウオッチとしてセイコーが製造・販売しています。
また、海外のブランドでは、ファッションの世界では有名ですが、時計はあまり知られていないPolo Ralph Laurenがあります。
実は、CEO兼会長であるラルフ・ローレンが、自分の理想の腕時計を世に送り出すためにリュシュモン・グループとポロ・ラルフローレン・ウォッチ&ジュエリー社を設立し、ラルフローレンのウォッチコレクションを完成させたのです。
このリュシュモン・グループはスイスの企業グループで、カルティエやIWC、ジャガー・ルクルト、ピアジェといった有名時計メーカーが傘下にあると聞けば、その信頼度もぐっと増すものです。
他にも確認すれば、信頼できるメーカーが製造しているものも多く、安心して買うことができるでしょう。
気にいった時計は故障しても修理して使い続けたいものです。
そのため、信頼できるメーカーの製品が安心といえるのです。

お役立ち情報