時計を長く使うには、ほこりや汚れをこまめに落としたり、磁気を当てないようにしたり、日常的なメンテナンスが必要です。時計は、きちんとメンテナンスしていれば、何十年と使い続け

メイン使いとは別にもう1本!今選びたい時計は?

時計のメンテナンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
時計を長く使い続けるには、日常的なメンテナンスが必要になります。
掛け時計や置き時計など、同じ場所に設置してあるものは、ほこりが機械部に入り込んでしまうことがあるので、定期的にエアスプレーや時計用ブラシで掃除する必要があります。
ただし、掃除する時や電池交換などで機械部に触れる時は、手の脂をつけると錆の原因になるため手袋を使用するようにしましょう。
拭き掃除をする時も乾いた布やタオルで乾拭きしましょう。
腕時計などは、日常的に身につけているため、ほこりがたまるということはありませんが、水に濡れたり、汗や皮脂がついたり、掛け時計以上に汚れることも多いです。
時計を外した時に、柔らかい布で乾拭きして、汚れを落とした状態で保管するようにしましょう。
また、ブレスレット部分にはどうしても汚れがたまってしまいます。
金属の場合は時計から外して、ブラシ洗いしたり、超音波洗浄機などに入れたりすることできれいに落とせます。
革ベルトの場合、汗や皮脂が皮に入り込んでしまわないようにきつめにつけるよりも少しゆとりを持たせてつけるようにして、汚れは皮用クリーナーで拭き取るようにします。
もし、水や汗などが染み込んでしまい、カビが生えてしまった時は、故障の原因になるので、時計から早めに外して、ベルト交換するようにしましょう。
また、生活防水されていても、できるだけ水に濡らさないほうがいいに決まっています。
手を洗うなど水を使う時は時計をはずす、もし濡れた場合はすぐに拭き取るようにしましょう。
時計内部に水が入ってしまったり、ガラスが湿気で曇ったりするようになったら、すぐに専門店に検査や修理を依頼したほうが間違いありません。
また、時刻やカレンダーの合わせ方や磁気については、どの時計も共通です。
最近の時計は、反時計回しにしても問題ないものが多いですが、時刻を合わせる時は、できるだけ進行方向に回して合わせたほうが時計の負担が少ないですし、アンティークの場合、反時計回しにすると故障することがあるので注意しましょう。
また、時計に磁気は厳禁です。
パソコンや携帯電話の強い磁気に常にさらされていたり、肩こり用の磁気製品などと一緒に腕時計をつけていたりすると、部品が磁気を帯びて、進んだり遅れたり正確な時間が刻めなくなってしまいます。
そうなると、磁気を消さないかぎり治りませんので、専門店に依頼する必要があります。
家電店で消磁気などが売っていますが、時計の場合、逆に磁気が強くなってしまうことがあるので素人判断で使わないほうがいいでしょう。
たかが時計といわず、日常のメンテナンスをきちんと行うことで、何十年はもちろん、100年、200年、使い続けることができる道具なのです。

お役立ち情報